構想から30余年。

九転十起。

Dimandaraの宝剣!!

■プロローグ

地球財団(GSF地球基金会本会)

​金城 信王

1947年生 琉球諸島 南大東島ウフアガリジマ。万姓の次男として誕生。

EU西ドイツ留学中。ユダヤ人実業家、Richiart Wirth師と出会う。30年余。特別秘書として、EUヨーロッパ諸国中心に、中近東諸国、アフリカ諸国、アジア諸国、オセアニア諸国など。世界100か国余を歩く・・・。

アメリカ合衆国はニューヨークに本部のある国連「人類の頭脳」地球的問題群解決するために、活動する頭脳の集い・UN国連・国際連合「国連財源」確保のしくみを強力にバックアップし、国連支援計画。難民貧困支援プランJ金塊運用Gプログラムを確立し、全地球市民の生活安全保障システムを実現する。

 

・友よ“長者”たれ―

・自他の生活力・無くして、人は救えない。

人を救え。

「福運とは、幸福の根本原則である」。

 

ただ、テーゼの誓願を戦う―。

お茶会へ行く

■エピローグ

人生の総仕上げは・ご恩返しだ。地球へ・人類へ・自然へ・家族へ・友人へ・・報恩感謝を!

 

 “長者”たれ 善き人に出会え! 善き人は栄える!

 人間・一番自分が大事である。翻って、他者を大事にしないと、他者から大事にされない。

個人に力が無いと、自分のこと、家族のこと、社会のこと、地球のこともできない。 因果の法則なり。